紫外線対策を頑張っても「目」が無防備では意味がない

紫外線対策といってもいろいろありますが、シミを予防するには肌の紫外線対策のみではなく、目の紫外線対策も必要だという事、知っていましたか?


HOME >> 紫外線対策を頑張っても「目」が無防備では意味がない



紫外線対策を頑張っても「目」が無防備では意味がない


肌はしっかり紫外線からガードしているけど目は無防備…なんて人、結構多いのではと思います。

目を紫外線からガードするものというと、サングラスが思い浮かびますが、日本人ってサングラスに抵抗感がある人多いですよね?

私自身もサングラスが似合わないこともあって、付けるのには抵抗があります。

ただ、紫外線は目にも入ります。
そのくらい大した事はないだろうなんて思っているとしたら、それは大間違いです。



目に紫外線が入るとメラニンの生成が活性化される


紫外線ダメージが眼病の原因になることはもちろんですが、紫外線が目に入るとそのダメージから目を守るために、体内でメラニンの生成が活性化されるのだそうです。

いくら肌に日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線ダメージを防ぐことで肌内部のメラニン生成を抑えていたとしても、目が無防備だとメラニンが生成されてしまうため、せっかく頑張って紫外線対策をしてもその効果は低減してしまいます。

メラニンは、シミの原因となる物質です。

日焼け止めを塗ってれば、肌が直接日に焼けることがないかもしれませんが、メラニンが生成されることによってシミの原因を作ってしまうことになります。

紫外線予防の重点は目!しわやシミ予防に日焼け止めの使い方!
紫外線対策は目も必要

調べてみると、結構一般的なのですよね。
私自身は紫外線対策を意識し始める前は、全く気にいませんでしたが、今思うといろいろ怖いです。



紫外線対策にサングラスは欠かせないといっても良い


紫外線によるメラニン生成をできるだけ防ぐには、目を紫外線からガードしなくてはなりません。

となるとサングラスですが、最初にも書いたようにサングラスングラスに抵抗がある方、少なくないですよね。

眼病や紫外線予防のためにサングラスをかけているのに、ときに気取ってるなんて思われたり…。

紫外線予防にサングラスが当たり前の海外に比べて、日本ってなんて遅れてるんだろうと思うのですが、そう思いつつもサングラスを日常的に装着するのは結構勇気がいることだったりします。



そこでオススメなのが、クリアレンズを使用したサングラスです。

クリアレンズのサングラスとは、その文字通り色つきのレンズを使用したものではなくクリアタイプのレンズを使用したサングラスです。

サングラスを付けたいけれど、見た目が気になるという日本人は少なくはなく、多分そんな方々のために作られたのでしょう。

クリアタイプだと、見た目全くサングラスには見えませんが、紫外線カット効果は普通のサングラスに劣りません。

そういったものなら、抵抗なく毎日使えるという方は多いのではないでしょうか?

クリアタイプを謳ったサングラスはあまり頻繁には見かけませんが、大手だとJINS(ジンズ)とかZOFF(ゾフ)なんかが種類も多く、顔の形に合ったものを選びやすいです。




というわけで、私はできる限り外出時にはサングラスを装着するようにしています。

気持ち的なものもあるのかもしれませんが、サングラスを日常的にかけるようになってから、陽射しのきつい日であっても目の疲れがマシになったような?

目の紫外線対策は眼病予防にもつながるため、もともと目があまり強くないという方にもお勧めです。




関連記事


Copyright (c) 2015 シミ予防マニア All rights reserved.

ご連絡はこちら: shimiyobou ★▲■ macr2.com(空白や記号を@に変えて)

▲TOP