日焼け止めで紫外線予防 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の製品を使い分ける

日焼け止めと言ってもその種類や成分は色々。今回は日焼け止めの紫外線カット成分、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について解説します。


HOME >> 日焼け止めで紫外線予防 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の製品を使い分ける



日焼け止めで紫外線予防 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の製品を使い分ける


日焼け止めには大きく分けて、紫外線散乱剤という成分を使用した製品と、紫外線吸収剤という成分を使用した製品が存在します。

日焼け止めを使いこなすには、頭に入れておく必要があるでしょう。



紫外線吸収剤とは?


紫外線吸収剤とは、その言葉どおり紫外線を吸収する成分のこと。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めというのは、浴びた紫外線を吸収してエネルギーに変え、放出することで肌に紫外線ダメージが及ばないようにします。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めの特徴としては、高いSPF値を実現しやすいこと、また白浮きせず
使い心地の良いものが多いなどという点が上げられますが、肌に負担をかけやすいというデメリットも。

頻繁に紫外線吸収剤を肌に用いることに刺激が、逆に将来のシミの元になってしまうとも言われることがあり、日常的に利用するのはよくないかもしれません。



紫外線散乱剤とは?


紫外線吸収剤を使わない日焼け止めには、紫外線散乱剤と呼ばれる成分が配合されています。

紫外線散乱剤とは、降り注ぐ紫外線を物理的に散乱させる物質のことで、跳ね返す事によって紫外線が肌に入り込むのを防ぎます。

紫外線吸収剤とは異なり、紫外線散乱剤は肌への負担が小さく、こすったりしなければ効果が持続しやすいのがメリットです。

ただ、製品によっては白浮きしやすいこと、また塗った肌の閉塞感が強いなど、使用感がよくないものも少なくはありません。



紫外線吸収剤の日焼け止め VS 紫外線散乱剤の日焼け止め


紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、どちらを使った日焼け止めを利用するのが良いのでしょうか?



普通に考えて日常使いするのは、紫外線散乱剤を使った日焼け止めが安心です。

紫外線のダメージを防ぐために使ったものが、逆に肌に負担をかけてしまう…なんて本末転倒だと思いますから。

肌の負担が小さい代わりに使い心地はあまりよくありませんが、製品によっては使いやすく工夫されたものもありますので、色々試してみると良いでしょう。



一方でレジャーなど、日焼けをしっかりと防止したい日には、紫外線吸収剤が配合されたものを利用するのも手です。

強い紫外線から肌を守ってくれます。
使用感がよく、塗り直しがしやすいという点も魅力です。



私の場合、しっかりと紫外線予防をしたい日には、ベースに紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを塗り、日中の日焼け止めの塗り直しに紫外線吸収剤を使った日焼け止めを使用することが多いでしょうか。

紫外線散乱剤の日焼け止めのみでも紫外線を防ぎないことはありませんが、塗り方によって紫外線カットの性能に差が出やすいこと、また塗り直しがしにくいため外出先では使いにくいのですよね。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めめなら、塗り直しも苦になりません。



補足として、紫外線吸収剤が配合されたものであっても、紫外線吸収剤自体をカプセルでコーティングすることで、肌への負担も小さくしている製品や、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を両方配合することで、両者のデメリットを低減したものなどもあります。

価格がやや高めなことが多いようですが、高いといっても知れています。
肌が弱い方は、そういったものを選ぶと良いでしょう。




関連記事


Copyright (c) 2015 シミ予防マニア All rights reserved.

ご連絡はこちら: shimiyobou ★▲■ macr2.com(空白や記号を@に変えて)

▲TOP