美白化粧品を使えばシミが消える?そんな単純な話ではない

美白化粧品を使えばシミが消えると思い込んでいる方がおられるかもしれませんが、そんな簡単な話ではありません。今回は美白化粧品の役割と、シミケアについて解説します。


HOME >> 美白化粧品を使えばシミが消える?そんな単純な話ではない



美白化粧品を使えばシミが消える?そんな単純な話ではない


シミが出来てから使い始める方が多いと思われる美白化粧品ですが、その美白化粧品にもいろいろあるということをご存知でしょうか。

美白化粧品とは、厚生労働省が認可した美白成分を含む化粧品のことを指しますが、ほとんどの美白化粧品はシミ予防を目的に利用するものであり、シミを消す効果は期待できません。

ですのでシミができてしまってから使い始めても、意味がないとまではいわないものの、あまり意味がないのですよね。



美白成分の目的はメラニン生成抑制 シミには作用しない


美白成分の種類にもよりますが、多くの美白成分はシミの原因となるメラニン生成を抑制することによって、シミを予防することを目的にしています。

シミの原因となるメラニンが生成されないのであれば、シミが予防できるという理屈にも納得できますよね。(美白化粧品を使っていても、メラニンが全く生成されなくなるわけではありません。あくまでも抑制するというだけ)

しかし肌にあるシミの場合、すでにメラニンが肌に存在しているわけですから、美白成分では対応できないことがほとんど。



もちろん、全く効果が期待できないかといえばそんなことはありません。

美白化粧品を使ってメラニン生成を抑制する状態を保ちながら、肌のターンオーバーのサイクルを整えることで、すでに存在しているシミのメラニンを少しずつ外部へ排出できる場合もあります。

メラニンが古い角質とともに排出されれば、シミが薄くなることも期待できるかもしれませんが、
それには途方もなく長い時間かかるでしょう。

メラニン抑制によってシミがこれ以上濃くなるのを防ぎながら、薄くなるのをじっと待つ・・・というイメージです。

特に、一度沈着してしまったメラニンは、そうではないメラニンとは違って外部に排出されにくくなっていますから、薄いシミならばともかく、濃いシミを美白化粧品でなんとかするというのは難しいと思います.




他とは違う機能を持つ美白成分もある


多くの美白成分の機能は、メラニン生成の抑制が主です。
ただ、全ての美白成分がそうかというとそんなことはありません。

一部の美白成分…例えばハイドロキノンやビタミンC誘導体は、メラニン生成抑制作用のほかメラニン還元作用も持っています。

以下が詳しいです。

ビタミンC誘導体の美肌効果とは?
ハイドロキノンとは
皮膚科のシミ治療とハイドロキノンの処方について

メラニン還元とは、すでにある黒色メラニンを無色のメラニンに還元する作用。その作用によって、すでにあるシミを薄くできる可能性が期待できるというわけです。

まあ、シミを薄くできる可能性があるというだけで必ず消せるというわけではないのですが… それでも、他の美白成分よりは望みがありそうですよね。



ただ注意点もあり、メラニン還元作用を持つ成分の中でも、特にハイドロキノンは刺激が強いため、長期間利用できません。

副作用が起こる可能性もあるため、使い方には注意が必要。




そんな扱いの難しい成分ですが、シミに悩む人たちには絶大な人気を残っているようです。

私の姉も、様々な美白化粧品をジプシーしたあげく、現在はハイドロキノンを用いたシミ治療を行っています。

ただそばで見ていると、日中の紫外線対策やハイドロキノンを塗るタイミング等、色々と大変なよう。

将来そのような状況になることのないよう、日々シミ予防対策を徹底しなくてはならないと思うのでした。




関連記事


Copyright (c) 2015 シミ予防マニア All rights reserved.

ご連絡はこちら: shimiyobou ★▲■ macr2.com(空白や記号を@に変えて)

▲TOP