シミができる仕組みを知らなければシミ予防は難しい

漠然とシミ対策を行うよりも、シミができる仕組みを知っておくのがおすすめ。紫外線対策や美白化粧品の使い方がよくわかるようになります。


HOME >> シミができる仕組みを知らなければシミ予防は難しい



シミができる仕組みを知らなければシミ予防は難しい


そもそも、どうしてシミができるのでしょうか。
シミができる仕組みを知らなければ、シミ予防は難しい・・ということで、まずはシミができる仕組みについて簡単に解説します。


シミができるのはなぜ?


人間の体は紫外線を浴びると、皮膚の細胞を守るために色素細胞メラノサイトからメラニン色素が生成されるような仕組みになっています。

メラニン色素が代わりに紫外線を吸収することで、細胞にまでダメージが及ばないようにしているのだとか。

メラニンって日の当たる場所で人が健康に生きていくには、欠かせないものです。



もしメラニンが全く生成されなければ、紫外線のダメージをまともに受けてしまうことになります。

肌が炎症を起こしたり、皮膚ガンにかかりやすくなったり、紫外線ダメージによってシミができる恐れもあります。

もちろんメラニンが生成されていたとしても、過剰な紫外線は体に毒であるため、避けなければいけません。



上記を読むと、メラニンって重要な働きを持つ大切な物質だと思い込んでしまいますよね?それは間違いなくそうなのですが、実はその大切なメラニンはシミができる原因でもあります。

紫外線を浴びて生成されたメラニンが皮膚の内部に蓄積し、それが浮かび上がってきたものがシミです。

メラニンは大切な役割を果たすものですが、それと同時に美容の敵でもあるという複雑な物質なのです。



必ずしもメラニンがシミとなるわけではない


日を浴びるとメラニンが生成されます。

メラニンはシミの原因ともなる物質ですが、メラニンが生成されたら必ずシミができるかというと、そうではありません。

通常、紫外線を浴びるなどしてメラニンが生成されたとしても、肌の新陳代謝によって、一定期間を過ぎれば外部へ排出されます。

肌のターンオーバーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
そのターンオーバーによって、古い角質とともにメラニンは外部へ排出されます。

排出されてしまえば、シミの原因となることはありません。



ではなぜシミになるのか?


例えば強い紫外線を浴びたり、肌に強い刺激を受けたりするとメラノサイトの働きが活性化され、メラニンが過剰に生成されるようになります。

メラニンが過剰に生成されると排出が追いつかず、残ったメラニンは肌の内部に沈着してしまうことに。

沈着したメラニンが、そのままシミとなるのです。

あと年をとるとシミができやすくなるのは、肌のターンオーバーのサイクルが鈍くなるから。

いわゆる老化などの原因によって肌の生まれ変わる速度が遅くなり、若いころよりも肌の内部にメラニンが残ってしまいやすくなります。



ちなみに、年を経てからシミがたくさんできる人というのは、若い頃に紫外線対策をきちんと行ってこなかったというパターンが多いようです。

年をとってシミができやすくなることに加えて、若い頃からのたまっていたツケが、一気に出てきたのでしょう。

私の姉が、そんな感じです。

現在姉は、シミを消すために美白化粧品などをいろいろ使っていますが、なかなか消えてくれずとても大変そうです。

自分が大変だからなのか、私には若い頃から気を付けなきゃダメだよと、口を酸っぱくして口癖のように言っています。

私がシミ予防に目覚めたのは、姉のおかげといっても過言ではないかもしれません。



関連記事


Copyright (c) 2015 シミ予防マニア All rights reserved.

ご連絡はこちら: shimiyobou ★▲■ macr2.com(空白や記号を@に変えて)

▲TOP